記事制作にまだ自社のリソースを使っていますか?ブログ記事作成・更新の外注とは?

フリーランサーよりも企業に記事を依頼するメリット

①記事を書いているフリーランサーは基本的には主婦など

最近フリーランサーとしてライター業務をされる方が増えています。その中でも特に人気になっているのが主婦の方がお小遣い稼ぎとしてされるWEbライターです。確かにライターは初心者にも始めやすい仕事だと言えます。しかし、その中で継続できる主婦の方は少ないです。なぜかと言うと、すぐにライフスタイルが変わってしまう、スキルや知識を身につけるモチベーションがない、文章を書き続ける事が出来ない、と言う理由が挙げられます。このようにフリーランサーの方にブログ代行を依頼することは少し不安が伴います。

 

②記事を検索エンジンにクロールされるクオリティに書いてくれる

検索エンジンによって記事を上位表示させるには記事の質を高める事が必要です。まずタイトルが優れている事です。具体的にはターゲットが反応するキーワードを含んでいる、新しい内容を含んでいるなどがあります。次に書き出しを綺麗にまとめられているかも重要です。余計なことを長々と述べていたりすると離脱率が上がってしまいます。また、SNSでシェアされているかどうかも重要です。あとは客観的証拠があるか、ユーザーの悩みに答える事ができているか、誤字脱字が全くないかどうかです。ここまでクオリティを上げる事ができるのは知識と経験のあるプロのライターだからこそと言えます。

 

③ユーザー目線で検索されるようなキーワードの記事が書ける

ブログはユーザーファーストです。こちらが発信したい内容の記事ばかり書いていてもアクセスが伸びることはありません。そこで、本当にユーザーが望んでいるものは何かを分析することが重要になります。ユーザーが本当に知りたいことを届けられるような記事にするためにはコンテンツの設計をきちんとすることと、それ以前にキーワードの選定を効果的なものにする事が必須です。検索回数を調べたり、ユーザーがそこから自社のサービスに興味を持ってくれそうかなどを検討する必要があります。ライターの質はどこまで調査を行うかでも変わってきます。社内にアナリストを抱えている代行会社であれば安心です

 

④CMSの場合は記事の見出しなどを適切に付けてくれる

CMSとはWordPressなどの自動的にサイト構築を行ってくれるシステムのことです。サイト規模が大きい場合や、WEBデザインやHTMLの知識が無い場合でも簡単にサイト制作をする事ができるのでとても便利です。記事の見出しもアクセス数に直結する重要な部分になります。カテゴリやタグをきちんとつける事でユーザーにとって自分がサイト内のどの位置にいるか、必要な情報はどこにあるかを判断する事ができるのです。ユーザーファーストの記事にするためには大事な部分ですね。