記事制作にまだ自社のリソースを使っていますか?ブログ記事作成・更新の外注とは?

記事作成の目的は、ページを増やすのではなく集客!

①日記のような記事をただ量産しても意味がありません!

会社のブログで日記を書いていると言う方も多いのでは無いでしょうか。実はそれは集客においてあまり意味がありません。なぜかと言うと、日記のような投稿だと最初からファンであるユーザーにとっては価値があるかもしれませんが、まだ接点が無いユーザーがリーチする可能性が低いからです。日記のようなブログを描きたくなる気持ちはわかりますが、自社方向から考えるのではなくて、お客様のニーズは何か、から考え始めるのがいいでしょう。その際にターゲットを設定する、インサイトを分析するなどのマーケティングの知識も必要になります。ブログ代行会社であればそこまで担ってくれるので安心ですね。

 

②集客というゴールに向かって記事を更新し続ける事が重要

ゴールや目的を明確に持っておくことはブログ運営の上でもっとも大切な事項になります。例えば、バラバラの記事作成してしまうとブログとしての一貫性がなく何を言いたいのかが不明になってしまいます。集客という目標を一度立てたのであれば、それだけを見て記事を更新し続ける事が大切です。集客のために必要なことは何か?という思考フローでマーケティングを行えば自ずと自社のサービスを必要とする顧客が訪れてくれるサイトが出来上がります。ブログ代行業者のメリットとしては集客に効率的なブログの記事のノウハウを蓄積しているという点です。

 

③webサイト全体を企画してコンテンツを増やしていく意味

一貫性のある記事を蓄積することでユーザーの信頼を得る事ができます。例えば不動産会社のブログの場合、ユーザーのインサイトとしては家を買うメリットやデメリットが知りたい、ということにあります。同じユーザーを設定することで他の記事に目を通してもらいやすくなり、サイト全体の信頼性が上がるのです。サイトの目的、それを利用するターゲットとニーズを初めに詳細に決めておくことはブログ運営の要になります。

④内容のある記事を着実に増やし続ける労力を外注するメリット

時は一口にブログ運営といってもしっかり考え込まれたブログと適当な記事を量産するブログでは成果の出方が全く異なります。その労力を外注することで本業に専念する余裕が生まれます。いくらWEBマーケティングを頑張っても、肝心の商品やサービスの内容がいまいちであればお客様は離れていってしまうでしょう。そこで、信頼性のあるサイトにするための前提としてお客様の満足のいくサービスを提供するためにも、外注は専門的な技術の持っているプロに任せることをお勧めします。