記事制作にまだ自社のリソースを使っていますか?ブログ記事作成・更新の外注とは?

記事の作成はGoogleAnalytics認定資格取得者に依頼すべき

①Googleアナリティクス認定資格取得者の記事はココが違う

Googleアナリティクスとはそのサイトにどれくらいの人が訪れているか、またどのルートで来ているかなどを分析することが可能なツールです。Googoleアナリティクス認定資格はGoogleが発行している資格で、アナリティクスの知識を持っていることを証明するものになっています。アナリティクスは活用することでWEbマーケティングにおいて強力なツールになります。そこで、WEBコンサルタントなど社外のマーケティングを行う際の一つの指針として資格が設けられているのです。資格取得者であれば、安心して任せられるというのが一つの特徴です。

 

②記事をアップした後、解析が出来るGAIQ取得者はどんな知識があるのか?

GAIQはGoogleアナリティクス個人認定資格を略した名前です。Googleの公式資格だけあって世界中で通用する資格だということですね。GAIQを取得すればデータ解析、SEO、リスティング広告など多岐に渡る知識を身につけているという証明になります。そのため、WEBマーケティングのプロであれば取得している場合がほとんどになります。さらに日々運用しているプロだからこそその知識を活かして実践に取り込めます。

 

③記事作成のために必要な事は、全て解析から導き出される

分析の際にはその切り口や注目するポイントをしっかり押さえておくことが大切です。そして何よりも大切なのは目的として利益や売り上げを伸ばすためのツールであること。この目的を踏まえて、成長のためには何が必要かをデータから割り出すのです。つまり、記事→分析→改善というPDCAを回して記事作成をすることで、自社の目的に繋がるサイト運営が可能になるということです。そのためにGoogleアナリティクスの活用方法を知っていることは重要になります。

 

④アナリストが記事を作成する際、絶対しない注意すべき点

アナリストが記事を作成する際には解析ツールを使い、ニーズの分析やアクセス解析、検索キーワードの分析を行います。そうした論理的な根拠に基づいて一社一社にあったマーケティング課題の解決施策を行うのです。ここで注意するべき点としては、本当にユーザーの検索意図を理解しているかどうかです。どうしても自社の課題解決だけを見てしまいがちですが、本当に人を動かそうとするとその人に訴求するためにインサイトに沿ったコンテンツを提供する必要があります。そのためにまずはターゲット像を絞り込むことが必要になります。解決方法から考えるのではなく、課題の本質をまずは整理することが求められているのです。